まず、消費者金融系カードローン。

ほとんどの消費者金融系カードローンでは、借入金額が50万円未満でかつ、

他の消費者金融からの借入金額との合計が、100万円を超えない場合は、所得証明書は不要のようです。

消費者金融は改正貸金業法で定められている総量規制により、貸出し限度額が定められています。

その限度額は、個人の年収の3分の1までとなっています。

限度額の確認の為、所得証明書の提出が求められます。

次に銀行系カードローン。

こちらは総量規制の対象外ですので、所得証明書なしで借入が可能なようです。

パートやアルバイトで、会社から所得証明書が出されない場合や、

総量規制オーバーの借入を予定している場合は、銀行系カードローンが向いています。

但し、各銀行で定めている限度額を超えるような高額な借入の場合は、所得証明書の提出が求められるようです。

また、どちらのカードローンでも「30日間無利息」など、無利息期間が設定されているものもあるようです。

カードローンの金利は決して低いものではありません。

このようなサービスの有無を確認し、無理なく賢く利用するようにしましょう。