カードローンを利用している上で、利用限度額がもっと多ければ助かると思う人は多いでしょう。
利用限度額が100万円に到達するかどうかは、消費者金融からの借入れを行っている人にとっては影響が大きいです。
なぜなら、多くの消費者金融が利息制限法で定められた上限金利ギリギリの金利設定を行っているので、上限金利の境目となる100万円に利用限度額が到達した時点で、年18%から年15%へ法定金利が引き下げられるからです。
消費者金融では、総量規制の適用を受けるので、他社借入れ額をまとめるおまとめローンの利用しか手がないと考える人もいるでしょう。

しかし、ある程度の年収があれば、増額申込みを行なうことで実質的には金利引き下げ効果を狙うことが出来ます。
利用限度額の増額申込みを行なう前には、消費者金融へ提出している収入証明書を最新のものにしておくことが事前準備として重要です。
収入証明書は、法律上定めがある場合だけでなく、任意に消費者金融へ提出することが認められています。
消費者金融としては、増額申込みを審査する時の根拠として、収入証明書が提出されていれば判断しやすいでしょう。
消費者金融が恐れる総量規制に抵触しておらず、他社借入れ残高が減っていれば増額申込みが通る可能性があります。