消費者金融の審査は、属性情報に基づくスコアリング審査を重視する大手消費者金融だけでなく、スコアリング審査のみでは審査落ちしてしまう申込者に対して、詳細審査を行なうことで通過させる中小消費者金融もあります。個人信用情報機関へ信用情報照会を行った上で、勤務先へ在籍確認を行いますが、必ずしも全ての勤務先が在籍確認電話に協力的とは限りません。工場勤務者ならば、電話口に出た担当者が全従業員を把握しているわけではなく、個人宛の電話を一切受け付けていないと切られてしまうこともあるからです。

一方、機密保持契約を結んでいる勤務先では、勤務先への電話自体が禁止されている所も少なくありません。電話による在籍確認が取れなければ、現在もは働いていて安定した収入があるとは認められないと考えている金融業者もあるので、書面による在籍確認審査に対応している消費者金融ばかりとは限らないわけです。大手消費者金融の中には、書面による在籍確認を制度化している会社もありますが、個別に電話相談により書面審査への切り替え対応をしている消費者金融もあります。電話よりも書面審査の方が、金融業者にとっては手間が掛かるので、敬遠する会社が多いわけです。