キャッシングの審査に合格するには収入が安定している必要がありますので、アルバイトの人は審査で不利だと思うかもしれません。

しかし、大手の消費者金融を選べば、アルバイトという雇用形態でも支障なくキャッシングを利用できることが多いです。

アルバイトは正社員と比べると安定していないのは確かですが、長期のアルバイトで半年以上働いている人なら問題なくキャッシングできることが多いです。

年収は100万円以上あれば審査を受けることはできますので、お金を借りる必要がある人は大手の消費者金融の審査を受けてみるのがおすすめです。

アルバイトで年収が低い人は審査に合格したときの限度額が少なめになる可能性がありますので気をつけましょう。