銀行や消費者金融でキャッシング契約をする場合、個人信用情報の照会だけでなく、申し込み情報からのスコアリング審査を受けることになります。

このスコアリング審査は、統計データを基に自動的に判定が行われるため、審査自体はドライな判定となります。

しかも、キャッシング契約のみならず、クレジットカードや自動車ローンなどにも用いられるため、審査におけるウェイトは意外に高いと言えます。

与信状況に問題が無ければ、あくまでスコアリング審査における評価が悪いと判断出来ますが、評価アップは意外に難しいのが実状です。

勤続年数や居住年数などは、時間的な影響があります。家族形態は、結婚や出産など影響があり、健康保険の種類はなかなか変わるものではありません。

むしろ健康保険の種類が変われば、勤続年数も短くなるため、一筋縄ではいかないものとなります。

結果として、スコアリング審査の評価アップは意外に難しいこととなるため、審査落ちを繰り返す場合は勤続年数や居住年数が長くなるまで、申し込みを避けるのが重要になります。